怪我(捻挫)の回復を早めるには - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > 藤原トレーナー直伝コラム > 怪我(捻挫)の回復を早めるには

怪我(捻挫)の回復を早めるには

2014年04月17日

怪我をした直後の晴れや痛みが終わった後は、少しでも患部を動かす方が回復は早まります。

一般的には安静が第一とされます。
しかしスポーツ選手においては、長期間の完全休養は逆効果なのです。
回復が早まるどころか、むしろ長引いて再発を招く可能性もあります。

全く動かないで治療することは、筋肉とそれに関係する組織が弱くなってしまうのです。

早く復帰するためには、まずケガを動かした直後はRICE処置を行います。
その後、腫れや痛みが軽減すれば、徐々に無理のない範囲(痛みを目安)で動かすべきです。

もちろん動かした後のケアとして患部を冷やして、休むときは患部を心臓より高く挙げて下さい。

痛みを伴うほど動く必要はありません。
しかし患部をかばい過ぎて回復を遅らせないようにしましょう。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら


PageTop