長距離レースからの回復時間は? - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > 藤原トレーナー直伝コラム > 長距離レースからの回復時間は?

長距離レースからの回復時間は?

2014年05月04日

マラソン、トライアスロン、自転車などの長距離レースに参加すると、回復には時間がかかります。

レースの時よりも、
肉体的に辛いとされる場合もあるほどです。

筋肉痛は、
レース翌日から普段の生活で分かりやすい面があります。

しかし、
数時間の高い心拍数を続けたた心筋、
また免疫システムの回復には1週間程度を要します。

さらに骨格筋の疲労回復には数週間を要する場合もあります。

これには神経筋の疲労が大きく影響しているためだと考えられています。

レースは十分な休養が必要ですが、全く動かない状態をつくるより、徐々に体を動かす方が良いでしょう。

レース後は3日間ほど休養し、
その後は2週間を目安に徐々に元のトレーニング量に戻すの良いです。

ただ大事なのは体調に合わせて柔軟に対応すべきです。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら


PageTop