水中運動のメリット、デメリットと陸上との違い - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > 藤原トレーナー直伝コラム > 水中運動のメリット、デメリットと陸上との違い

水中運動のメリット、デメリットと陸上との違い

2014年08月11日

水泳などの水中運動の特徴は、
ランニングなどの陸上運動に比べて衝撃が少ないことです。

運動の効果として、
水中運動は陸上で行う運動よりも優れていることはありません。

水中運動のメリットとは、
痛みを伴わずに取り組みやすいということです。

水中運動は太っている人にとっては関節への負担が少なく、
外傷によるケガのリスクも少ないのです。


逆に水中運動のデメリットとは、
水中での事故が即、命にかかわるということです。

さらに水中では体に水圧がかかります。
そのため心臓に血液を送る負担が軽くなります。

したがって、
陸上に比べて水中の方が心拍数が高くなりにくいのです。

陸上運動と同様の効果を得るためには、
水中で陸上運動よりも激しい動作、ハードなトレーニングが必要になります。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら


PageTop