呼吸を意識しないように運動するのが良い - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > 藤原トレーナー直伝コラム > 呼吸を意識しないように運動するのが良い

呼吸を意識しないように運動するのが良い

2015年10月31日

運動するときに呼吸のリズムを意識的にコントロールしようとすると逆に呼吸が乱れやすくなります。

ランニングをする時などで呼吸を意識すると、
意識しないより呼吸数が減り深く吸い込むなどしてカロリーがわずかに多く消費します。

つまり、無駄にエネルギーを消費することになります。

運動効率が悪くなるのだから、
ダイエットに効果的であると考えるのは好ましくありません。

人間は自然と運動に合わせて呼吸を行えます。
景色を見ながら走ってみるのはとても効率的です。

呼吸に意識せず、
他のことに集中して運動に取り組むべきです。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら


PageTop