頭が疲れている時は運動に悪影響を及ぼします。 - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > 藤原トレーナー直伝コラム > 頭が疲れている時は運動に悪影響を及ぼします。

頭が疲れている時は運動に悪影響を及ぼします。

2016年01月02日

頭や脳が疲れている時は、
運動・スポーツにおけるパフォーマンスが落ちます。

脳テストなどで頭をフル回転させた後では、
運動をするとパフォーマンスは悪化します。
逆に楽しい体験をした場合は改善します。

運動パフォーマンスは頭の疲労感によっても影響を受けるのです。

仕事の後などで疲労感が強い時は、
運動はいつもより抑えておくべきでしょう。

例え心肺機能や筋力に問題がなくても、
頭が疲れていると体を動かそうとする気力を阻害されるはずです。

したがって仕事や勉強で脳が疲労した後では、無理な運動をしても大きな効果を期待しない方が良いでしょう。

ただ肉体疲労がない場合は、
体自身に問題はありませんので、
運動・トレーニングを行っても大丈夫です。

激しいトレーニングをする前や試合・大会前は心を落ち着かせておく事が大切です。

心と体は一体、とくに心が体を操っているということは過言ではありません。

運動中に考え事をし過ぎるのも良くないかもしれません。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら


PageTop