パーソナルトレーナー - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > パーソナルトレーナー

プロの目から見た良いパーソナルトレーナーの条件とは

2016年01月15日 [記事URL]

顧客の事情を自分事として捉えられる人が、
良いパーソナルトレーナーとしての条件です。

なぜなら。

あなたが道を歩いていて、
向こうから人がやってきて避けてくれなかったら。

不機嫌になるでしょう。

ランニングをしていて、
道を塞いでいる集団がいたら道を開けて欲しいと思うでしょう。

誰でも思うようなことだと思います。

車を運転していても、
歩行者に対し避けて欲しいという思い、
また歩行者も車が避けて欲しいと思っています。

誰しも我が身のことが一番です。

そこで相手の立場になって考えて行動する人。
そのような方こそが本当の意味で他人に役立つ人です。

クライアントの体の悩みを、
自分事として一緒になって解決する人が良いパーソナルトレーナーです。


そして忘れてはならないは、
そのパーソナルトレーナーとあなたとの相性です。

「厳しい」「優しい」「楽しい」「真剣に鍛えてくれる」など。

どの方となら頑張って続けれれていけるか十分に検討してください。

決して知識の数の多さや、
最新の知見をもっていることに惑わされてはいけません。

知識は単なる必要条件であり、
必ずしもあなたの「理想を叶えるための知識」ではありません。



パーソナルトレーナーの指導を受けるメリット

2012年10月14日 [記事URL]

良いパーソナルトレーナーに指導を頼めば、
的確なトレーニングができているかどうか、
豊富な経験と知識や理論に基づいたアドバイスを受けられます。


筋力トレーニング、ストレッチ、セルフケアはもちろん。
さらに運動生理学、スポーツ心理学まで学んでいる方、
そんな良いパーソナルトレーナーに出会えたら最高です。

きっとあなたの「なりたい体」を叶えてくれるはずです。

プロのパーソナルトレーナーに指導を受けるメリットとしては、

・専門知識と豊富な経験に基づいた正しいトレーニング方法を学べます。

・自分に合わせたトレーニングプログラムをつくってもらえます。

・トレーニングの失敗をなくすことができます。

・精神的な支えにもなり、自分では気づかない問題点を指摘してくれる。

・病気やケガなどの不測の事態への適切な対処方法を学べます。


健康のために運動を行う方の場合、
またアスリートとして競技力向上を望む方であっても、
同じ練習時間で効率よく運動能力向上したい場合はプロの指導を仰ぐ事が賢明です。

しかし漠然と指導を受けているだけではもったいないです。
実際に指導を受ける場合にも自ら能動的に行動することも大切です。

・教わったことや説明を受けたことはなるべくメモしておくべきです。

・運動に集中できるよう疑問や悩みはすぐ質問して解決して下さい。

・仮にご自身が上級者であればアプローチの違った複数の視点をもつこともオススメです。

・自分の成長とともに学ぶことは少なくなります。この場合は指導者を変えることも自分の成長にプラスになることもあります。

・もしも長年にわたって色んな指導者からコーチングされていたら、自己流で試すことも大切です。

本や雑誌、インターネットから得た情報は参考になります。
しかし情報の取捨選択に多くの時間を要します。

したがって実際にプロのパーソナルトレーナーと一緒に練習すれば、大きな助けとなり大きな成果が得られます。

もし大会や試合に出て多くの選手と競い合うことになると、
一人での練習ではとてもできない高い負荷をかける練習が必要になります。

壁を越えるような激しいトレーニングをする場合は、
すぐに限界が来るので必ずそばで見守ってくれる人が必要です。

また自分一人でトレーニングしていると、
本当に目標に向けて適切なのか、否かと判別に苦しむこともあります。

今のトレーニングが本当に目標に向けて適切なのか?
これはなかなか自分では判別できないことも多いのです。

最悪の場合、
激しいトレーニングに耐えたけれども的外れであった。

なんて不幸なことをクライアントの方に味合わせたくはありません。



パーソナルトレーナーの仕事とは

2012年05月11日 [記事URL]

当方はパーソナルトレーナーとして、
クライアントのからだ作りを手伝っています。

あくまでも私の場合でお話しします。

会員様になって頂いた後、
とにかくクライアントのお悩みを聞き出しています。

もちろん運動・トレーニングの技術や知識をお伝えしますが、
月々数回のコーチングという限られた時間です。

お互いに有効な時間でなければなりませんので、
クライアントにとって役立つコーチングを行わなければなりません。

クライアントが何を望み、どうなりたいかのか?
を正確に把握していなければクライアントにとって全く役に立たないことになります。

ですから十分な時間をかけてお話を聞かせてもらったり、
何かいま取り組まれているスポーツがあれば見学させて頂いております。

これは会員継続中も変わりありません。

大まかに言えば以下のような点を重要視しています。

・過去と現在の運動やトレーニングの経験。

・生活スタイルや仕事の状況などの環境。

・欲しい体を手に入れた後の未来像。


見学や聞き込みなどの調査を行った上で、
最適なトレーニングプランを提案させて頂いております。

しかしながらクライアントの心や体は常に変化しますし、
予期せぬことは度々起こることは珍しいことではありません。

また時にはクライアントに厳しい指摘をすることもあります。

クライアントの小さな変化を見逃さないように
パーソナルトレーナーとしての活動(情報収集・コーチング)を行っております。


運動やスポーツの指導者というと、運動・スポーツの技術や戦術を現場で選手に教える人というように考えられがちです。
もちろん、こうした役割は指導者の中核になる仕事です。

実際に運動処方やトレーニングを進めていくに当たっては、トレーニングの現場で指導する以外にも、調査・分析などような様々な仕事があり、それらを何らの形で処理していかなければなりません。



パーソナルトレーナーの活用

2012年03月06日 [記事URL]

運動やスポーツの指導者というと体育教師、コーチ、スポーツトレーナーすなわち運動・スポーツの技術や戦術を現場で選手に教える人というように考えられることがあります。

もちろん、こうした方々は指導者の中核になりますが、一般の人々の運動やスポーツ、ダイエットそのものに対する理解は不十分です。

ご自身で何かしら健康を獲得する手段や環境をもっている方はともかく、
多くの方は健康の保持・増進に関わる知識や技術は不安定な状況です。

したがって、個人の多様な価値観やニーズへの対応が求められている現代においては、
個別にサポートできる指導者、それがパーソナルトレーナーです。

パーソナルトレーナーは、個人の目的に応じたトレーニング指導が可能なため、
理想のカラダづくりの最良なパートナーとして必ずお役に立てられます。



パーソナルトレーナーは必要?

2012年02月24日 [記事URL]

本気で「カラダを変えたい!」と思ったら、スポーツクラブやジムでパーソナルトレーナーの指導を受けることが選択肢として考えられるでしょう。

カラダを変えたい理由には、

・痩せたい
・ダイエット
・むくみを解消したい
・代謝をアップさせたい
・脂肪を燃焼したい
・太りにくくなりたい
・筋力をアップしたい

などたくさんあると思います。

仮にパーソナルトレーナーに指導にしてもらう際には費用がかかります。

ですがパーソナルトレーナーに指導してもらわなくても、特別な技術を要しないスポーツや運動種目であれば、ある程度のところまではカラダを変えられます。

また健康に関する本や、インターネットから情報を集めて、自分のトレーニングに利用すれば、ある程度まで質を高めることは可能です。

ただし自己流というのは、長期間の時間を要します。
つまり自分に最適なトレーニング方法が見つかるまでが実験期間です。
失敗というリスクが少なからず高まります。


パーソナルトレーナーの指導を受けるメリットは以下のことがあげれます。

・専門知識と豊富な経験に基づいた正しいトレーニング方法を学べる。
・最適なトレーニング量を設定してもらえる。
・トレーニングの失敗をなくすことができる。
・精神的な支えにもなり、安心してトレーニングを取り組める。

少しでも時間的なコストを軽減したい、少しでも早く結果を出すためにはパーソナルトレーナーを必要とすることが賢明です。



自分にピッタリなパーソナルトレーナーの選び方

2011年08月10日 [記事URL]

体の悩みを抱えながらパーソナルトレーニングを相談する際、パーソナルトレーナー選びは、大変な不安を抱えている方が多いのが事実です。

まずはご自身の目的を明確にし、パーソナルトレーナー選びに真剣な心構えを持つことです。
パーソナルトレーナーは誰でも同じではありません。

以下に参考にして頂きたい順にお伝えします。

相性(Compatibility)

1番に重要なのは相性です。

そのパーソナルトレーナーのパーソナリティが、
あなたが素直に信頼できて一緒に頑張れるか否かです。

初心者及び上級者などどちらにせよ。
トレーナーの知識と経験の数に目を奪われがちです。

しかし、はっきり申し上げて、
その数多くの知識はあなたのためだけのものではありません。

最新知識は単なる必要条件です。
したがって大切なのは「パーソナルトレーナーの人となり」があなたに合うかです。

情熱(Passion)

信頼できないパーソナルトレーナーの指導は、決してうまくいくものではありません。
最初に重要なのはカウンセリング時や初回体験で、パーソナルトレーナー自身のプロフェッショナルとしての心構えを知ることが大切です。

それは「あなたの悩みを、まるで自分ごとのように悩む」そして解決に全力を注ぐという情熱です。

このことはトレーニング効果に非常に大きな差を生みます。

パーソナルトレーナーの真摯な思いを感じたら、心から信頼して頂きたいと思います。


指導経験(Experience)

次に重要なのが「一流選手・一流のアスリートである、であった」ということは絶対条件ではないということです。

もちろん何かのスポーツで優勝し、引退後は挫折を味わいながらも指導者になった方は、極めて優秀です。

大事なのは自分のためではなく、他人のために活躍している方です。
長く、そして多くの指導実績を積んでいることが、パーソナルトレーナーとして重要なのです。

さらに付け加えるとすれば、
優れたパーソナルトレーナーの指導を受けたお客様たちは、多少の個人差はあるにせよパーソナルトレーナーの手をほとんど借りずにトレーニングや体調管理が自分自身で行えるように成長しています。


人脈(Network)

4つ目からは、必須ではありません。
パーソナルトレーナーを選ぶ上でパーソナルトレーナー自身が、どのような人脈を持っているかで能力に影響していきます。

とくに「オレが、オレの」と一匹狼のように活動しているパーソナルトレーナーは技術や知識に偏りがあります。

『人の体は一人一人異なり、常に変化するものです。』

それら全てに対応する際、何から何まで深い専門的な知識をもつことはパーソナルトレーナー1人だけでは不可能です。

つまりパーソナルトレーナー自身が、いざというときに様々な専門家と連絡がとれ、助言を仰いだりすることのできる態勢があるかどうかが、お客様のカラダを良い方向へ導く上で大変重要です。
 
例えばお客様がケガをしたときに、医者ならどこへでも担ぎ込めば必ずしも良い結果をもたらすとは限りませんよね。

できればそのスポーツをよく知っていて、しかも好きで、スポーツと身体の関わりなどのスポーツ医学の知識を持っている方を紹介できることが望ましいです。

資格(Licentiate)

5つ目は、持っているから安心は禁物です。

運転免許を持っていても車を運転しない方は数多く存在します。

いわゆるペーパードライバーですが、
彼らの知識と技術は使っていないため衰えていくことは確実です。

資格があるからといって自分の体を託すのは危険です。

パーソナルトレーナーという資格は民間団体が発行しており、それぞれの団体によって技術や知識に特色があります。

しかし、これらの資格は仕事をする上で必ず取得しなければならないものではありません。

また資格がパーソナルトレーナーとしての能力を保証するものでもありません。
実務経験がなくても取得することが可能なのです。

何年も専門教育を受けて体育・スポーツ関連の国家資格を有する方は知識や技術面で有利です。
しかし大切なのは資格の有無や種類ではなく、全てのお客様にひたむきで真摯な姿勢を失わない指導者こそ、パーソナルトレーナーとしての資格があると私は強く思います。

最後に

スポーツの指導やトレーニングということは、人間の総体に働きかける、極めて大きな事業であることを十分に認識しています。

パーソナルトレーナーが自分の役割の大きさを肝に銘じて、真摯な気持ちで取組むべきものであることを忘れてはならないと思います。

当社のトレーニングコンサルティングでは、お客様自身が健康アドバイザー的な存在として周囲の人たちから頼られるような存在になって頂きたいと考えております。

たくさんの人の健康や体づくりのサポートも大事ですが、サポート役を担える方々を増やすことも我々の使命だと考えております。

それが社会を元気にすることにつながると信じているからです。



パーソナルトレーナーにできないこと

2011年07月18日 [記事URL]

パーソナルトレーナーはパーソナルトレーニングの専門家であり、診断・治療等を専門とするお医者様ではありません。

クライアントがある特定の病気や傷害をもっている場合、それらを十分に考慮しながらパーソナルトレーニングを進められますが、病気や傷害そのものに対して、医学的な診断や処方処置を行うことはできません。

つまり医療診断や治療、助言などを行うことは法的に許されていないのです。

ケガの診断や治療は医療従事者が行うことであり、リハビリは理学療法士や作業療法士の国家資格を有する方の仕事です。

また最近流行の「歪み矯正」ですが、整体士でも医療的行為は認められていないにも関わらず、パーソナルトレーナーが行うことには疑問を抱かざるを得ません。

パーソナルトレーナーはあくまでも、普段の生活に支障のないクライアントが「痩せたい」「筋力アップしたい」「もっと健康になりたい」「体力をつけたい」「医者から運動をするよう勧められた」といった目的にお答えする存在です。



パーソナルトレーナーへの相談

2011年06月18日 [記事URL]

パーソナルトレーニングを初められる際に、パーソナルトレーナーとのカウンセリングで必ず伝えて欲しいこと。

1. 自分のカラダをどうしたいのか?

こんな体が欲しい、なりたいなどのご自身の理想を必ず伝えて下さい。
パーソナルトレーナーが指導する際に最も重要視する問題です。
理想に近い写真や有名人を例えるなど、正直に伝えて下さい。

2. 運動・スポーツ経験の有無

パーソナルトレーナーがトレーニングメニューを作成する上で
トレーニングの種類や量について最良の選択をするための
判断材料となりますので、しっかりと伝えてあげて下さい。

3. 既往歴や現在の体調

医者から運動する許可をもらっている。
また持病や気になることなど、ご自身の体に関することは
何でもパーソナルトレーナーに伝えて下さい。
トレーニングは体の変化に柔軟に対応しなければなりません。

4. 生活スタイル(仕事や家庭環境を含めて)

いつも何時に起きて、仕事して、食べて、寝るまでのスケジュール。
さらに嗜好品や住環境等です。
これらの情報を正確に伝えて頂くと、パーソナルトレーナーはクライアントのトレーニングを最適化し、より良い指導が可能となります。



パーソナルトレーナーの必要性

2011年05月17日 [記事URL]

パーソナルトレーナーは理想のカラダづくりの最良なパートナー

「よし今日から運動する!」と、はりきって何かの運動に取り組もうとします。

ではどのように取り組むのか?

1、自分一人でする。

2、仲間と一緒に楽しむ。

3、指導者に教えてもらう。

などとそれぞれですが、運動の取り組み方にもメリット、デメリットがあります。

「自分一人でする」場合、自分の都合に合わせやすいことが最大のメリットです。

ただし自己管理に自信のない方にはおすすめできません。
やはり「甘え」というのは強敵です。

初心者の方は基本技術を習得されてからの方がいいです。


また「仲間と一緒に楽しむ」場合は、こちらは非常にモチベーションが維持できます!
楽しいし、励ましもあり、見えない力が支えとなって助かります。

ですが、仲間のペースやレベルに合わせなければなりません。
場合によって自分にはあまり良い効果を得られない可能性もあります。

「ランニングの速い人と一緒に走っているから大丈夫」
とおっしゃる方がいます。

でも、その方のトレーニングをそっくり真似しても
自分に合っているとは限りません。

ランニングは得意だけど、
教えるのは苦手という方もたくさんいらっしゃいます。

自分の能力を伸ばすことと、他人の能力を伸ばすことは全く別です。

できれば仲間の中に運動指導に長けた方がいればいいと思います。


最後に「指導者に教えてもらう」ですが、これがもっとも王道の選択肢です。

繰り返しになりますが、ランニングに限らずご自身がしたいなと思うのであれば、その道のプロから教わるのが王道です。

バレエがしたいのであればバレエ教室に。

泳ぎたいなら公共施設で泳ぐか、スイミングクラブへ。

フットサルがしたいのであればクラブチームかサークルに所属する。
あるいは友人や知人を募ってゲームを行うでしょう。


では特にやりたい種目がない場合は?

・痩せたい

・ダイエット

・むくみを解消したい

・代謝をアップさせたい

・脂肪を燃焼したい

・太りにくくなりたい

・筋力をアップしたい

などのそれぞれの理由から、解決策を見つけるために本や雑誌かネットで調べたり。

あるいは運動が得意な友達から、方法を聞くことになるでしょうか?

もしくは、スポーツクラブやジムでインストラクターに教わる。
またはパーソナルトレーナーにみてもらうことも検討されるでしょう。


いずれにせよ、その道の先達者の力を借りなければならないでしょう。


プロ選手であっても、経験を積んだベテラン選手であるにせよ。

何か問題があるときや客観的な意見が欲しい時には、必ず指導者に相談します。


仮にプロのパーソナルトレーナーに指導を受ける際には費用がかかります。


ですが指導してもらわなくても、高度な技術をあまり必要としないスポーツであれば、ある程度のところまでのレベルアップは十分可能です。


また健康に関する本や、インターネットから情報を集めて、自分のトレーニングに利用すれば「質」を高められます。

ただし自己流でトレーニングをすることは、知識や技術、また経験の乏しさから長期間の時間を要することは否めません。

つまり自分にとって最適なトレーニング方法が見つかるまで、トライ&エラーの繰り返しになります。

成功するとは限らない実験のようなもの、失敗というリスクが少なからず高まります。

健康のために運動を行う方の場合、少しでも時間的なコストを軽減したい、少しでも早く結果を出すためにはプロの指導を仰ぐ事が賢明です。



パーソナルトレーナーとは

2011年04月26日 [記事URL]

パーソナルトレーナーは、クライアントが体力および健康に関する目標を達成するためのパートナーとして、身体能力を評価し、動機づけ、トレーニングを監督・指導します。

カウンセリングから得られた情報を熟慮した上でトレーニングプログラムを作成し、クライアントの健康状態に適した安全で効果的な運動プログラムを実行します。

また運動中は常にマンツーマンで付き添いながら、クライアントの体調の変化および事故に注意を払い、アクシデントに対する迅速かつ適切な対応を行います。

そのためパーソナルトレーナーは運動プログラムやトレーニング計画を作成するために、科学的に検証された事実に基づいた情報を実践に応用していく努力を欠かせません。

現代では氾濫する情報の中から有効なものを選択できる能力を養うことも求められています。




  


お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら

PageTop