適度な運動量とは - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング方法 > 適度な運動量とは

適度な運動量とは

2012年10月14日

文明の発達で労働が減る人が多くなり、
運動不足だから運動=体に良いとする図式を注意されて、

運動が健康に良いということは言うまでもありません。


問題はどのくらいか?

であると思います。

何分?何時間?
それともやればやるほど効果は絶大?

などと量が気になるところですね。


まず10分程度の運動でも効果はあります!

さらに、
運動量を増やせば増やすほど効果は高くなります。

ちなみに国内外のトップクラスで戦うアスリートたちの場合は、
通常では考えられないような運動強度で、
1日数時間という運動量をほぼ毎日のように行っています。

トレーニングが中心となって生活するのですが、
一般論としては過剰とも言えるトレーニング量は、
選手自身が長年コツコツとカラダを作り上げていたから可能であります。

これを一般の方々が行うとオーバーロード症候群となり、
免疫システムが低下して体調不良を起こしやすくなります。

さらに栄養バランスを崩れている、
睡眠不足になるとさらにリスクが高まります。

では一般的に適度な運動量とは、
週5日で1日10分から30分のジョギングなどの、
少し汗をかくくらいの軽い有酸素運動が適度な運動量と言えます。

できれば週2、3日は少し強めの運動をするか、
もしくは筋力トレーニングを行うことがおすすめです。

健康に良いとしているので、病気に対するリスクも軽減されます。

このような運動の習慣がある人とない人では死亡率は30%違います。

また死亡に関するあらゆる病気
(糖尿病、脳卒中、心臓発作、緑内障、白内障、黄斑変性)
などの疾患になる確率が70%低下します。

心臓発作に関する危険も50%低下するという報告もあります。

お伝えした目安で実行できれば良いのですが、
公私ともに忙しい中では難しい場合もあるでしょう。

そのようなときは
「やらないよりは1日10分でもやる!」
という姿勢が健康を維持するためには、適度なのだと思います。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら


PageTop