通勤を運動に変える - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング方法 > 通勤を運動に変える

通勤を運動に変える

2011年04月30日

なかなか運動に時間を割く事ができない方は、「日常生活の中からできる運動」を実践することです。

まず一つは「通勤を運動に変える」です。

通勤時間に体の代謝を上げて、効率よく体づくりを行えることに加え、時間の節約にも優れた方法です。

方法はとしては
・車や公共交通機関をやめて自転車で通勤する。
・目的の駅の一つ前の駅で下りて歩く。
・階段を使う(できる状況であれば2~3段飛ばす)。
・エスカレーターを歩いて上がる。
・歩幅を大きく広げて歩く、または歩くペースを上げる。
 
などが挙げられます。

通勤時間にそのような機会をつくることができない方には、

職場のデスクのイスから立つ・イスに座るときがあったら、
そのとき他のモノにいっさい手をかけず、

ゆっくりとスローモーションで座る(7秒くらいかけて)、

ゆっくりとスローモーションで立つ(7秒くらいかけて)、

を行ってみてください。
初めてですとおそらく太ももがパンパンになるかと思われます。

太ももの筋肉は年をとるにつれて他の筋肉よりも著しく減少することが、
研究機関の調査から報告されています。
 
太ももが衰えると若々しく歩くことができなくなってしまいます。
 
とはいえ現代は
・駅やビルにはエスカレーターやエレベーターが設置
・パソコンを利用してネットで買い物
・荷物は配達業者に依頼
と便利な生活でカラダを使う機会が少なくなっていますね。

これではますます筋肉の衰えが進んでしまいます・・・。

「お金で解決できる」ことはあります。

しかし、健康なカラダはお金で買うことはできません。

まずは「カラダを使う」ことからはじめて、
通勤代謝を上げてみてはいかがでしょうか?

それがビジネスを支えるからだづくりの第一歩です。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら


PageTop