運動・スポーツとサーカディアンリズム - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング用語集 > 運動・スポーツとサーカディアンリズム

運動・スポーツとサーカディアンリズム

2011年05月29日

サーカディアンリズムとは、
体内時計のようなもので、おおよそ24時間周期でくり返される生理変化のことです。

体温、心拍数、血圧などの生理指標は、
サーカディアンリズムに反応したことを示します。

体温は最も基本的なサーカディアンリズムとされています。

一般的な生活サイクルの場合、
起床前の午前4〜6時頃が最も低く、
夕方の午後4〜6時頃が最も高くなります。

したがって、体温が最も高くなる時間帯が、
運動パフォーマンスが高くなりやすい時間帯とも言えます。

ただ夕方以降は、
再び体温が下がりやすくなります。

午前中に軽い運動を行うことによって、
午後の運動パフォーマンス向上が期待できる研究報告もあります。

したがって、
効果的なコンディショニングの手法の一つとして
午前中に軽い運動を行って、午後の本番に臨むことが効果的かもしれません。

ただし入浴などの外的な要因で体温を上げても、
必ずしもパフォーマンス向上につながるわけではありません。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら


PageTop