エネルギー供給機構【Energy supply system】 - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング用語集 > エネルギー供給機構【Energy supply system】

エネルギー供給機構【Energy supply system】

2011年05月29日

スポーツや運動で体の動作を可能にするのは筋収縮です。

筋肉の収縮は、生体内のエネルギー伝達物質(すべての細胞内器官が利用できるエネルギー共通通貨のようなもの)です。

ATP(アデニシン三燐酸)が、ADP(アデニシン二燐酸)と燐酸に分解される際に発生するエネルギーにより行われています。

このATPが無くなると筋収縮ができなくなり、身体運動は停止してしまいます。

したがって、運動を続けるためにはATPを常に再合成することが必要となります。

ATP の合成にはエネルギーが必要であり、そのエネルギーは人体にある有酸素性エネルギー供給機構(aerobic energy supply system)と無酸素性エネルギー供給機構(anaerobic energy supply system)という2つの機構から供給されています。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら


PageTop