機能性食品【physiologically functional food】 - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング用語集 > 機能性食品【physiologically functional food】

機能性食品【physiologically functional food】

2011年08月23日

 機能性食品は、生理学的・栄養学的エルゴジェニックです。
機能性食品は、生体機能の調節など、生理面での働きを有する食品として定義されています。

つまり、免疫系、分泌系、神経系、循環系、消化系、さらに細胞系等の調節に関わる働きを有するように設計・加工され、病気の予防に寄与する食品のことで、いわゆる「医食同源」の考えによっています。

厚生労働省は2001年4月、健康食品のうち、一定の条件を満たすものを「保健機能食品」と称して販売を認める制度を作り、さらに厚生労働省が許認可する「特定保健用食品」と認可審査のない「栄養機能食品」の2つに分けたました。

これまでに血圧、血糖値、コレステロール、歯の健康に関するもの、おなかの調子を整えるものなど多くの食品が販売されていますが、保健機能食品は医薬品とは異なり、あくまで疾病の予防、生体の調節手段として、健常な人に長期間にわたって食される食品です。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら


PageTop