等張性収縮【isotonic strength】 - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング用語集 > 等張性収縮【isotonic strength】

等張性収縮【isotonic strength】

2011年08月23日

 筋が自身の長さを変化させながら一定の張力を発揮する収縮様式のことで、等張性収縮と呼びます。

筋の張力によって生じる関節トルクが対抗外力よりも大きければ、筋は短縮しながら張力を発揮するためコンセントリック(短縮性収縮)状態になります。

対抗外力が関節トルクよりも大きければ、筋は伸張されながら張力を発揮するエキセントリック(伸張性収縮)状態になります。

実際の運動においては外力となる重量物が一定でも、その力がかかる方向や関節に作用する筋の張力方向が変化していることが多いため、厳密な等張力状態が成立しているとは限りません。

アイソトニックを用いたトレーニングにおいては、対抗外力の大きさにより動員される筋線維タイプが異なるため、目的に応じた負荷選択が重要となります。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら


PageTop