ヘマトクリット値【hematocrit】 - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング用語集 > ヘマトクリット値【hematocrit】

ヘマトクリット値【hematocrit】

2011年08月23日

 血液は「血球」と「血漿」と呼ばれる液体成分からなっており、ヘマトクリット値は一定量の血液の中にどのくらいの割合で赤血球が含まれているかを容積の比率(%)で表したものです。

高地曝露後、数時間以内に血漿は細胞間および細胞内へ移動し、その結果、ヘモグロビン濃度は見かけ上、増加します。
これを血液濃縮といい、この場合、ヘマトクリット値は増加します。

高地トレーニングによって赤血球数やヘモグロビン濃度が増加しますが、血液の粘性が増し、血液抵抗が高まる結果、循環血液量が低下し、酸素運搬能が低下することもあります。

酸素運搬に適した赤血球数やヘモグロビン濃度は、ヘマトクリット値が約40〜45%とされ、これが60%以上になると心拍出量と酸素供給は低下するといわれています。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら


PageTop