トレーニングハイ・リビングロー法 - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング用語集 > トレーニングハイ・リビングロー法

トレーニングハイ・リビングロー法

2011年08月23日

トレーニングハイ・リビングロー法(training high-living low)とは、高地でトレーニングし、平地で滞在するトレーニング方法です。

実際には、低酸素室あるいは低圧シミュレーターなどの人工的低酸素環境下でトレーニングを行い、通常通り平地で生活をするというものです。

低圧室、低酸素室ともに環境を自由に設定できるので、体調が悪い場合には直ちに室外へ出ることが可能なので、体調を崩す危険性が少ないというメリットがあります。

日本では低圧室(低圧シュミレーター)を用いたトレーニング研究が1960年頃から行われております。
以後、アスリートの競技力向上や高峰登山者への高山病予防のための高所順応トレーニングとして採用されています。

近年では、簡易型のテントで低酸素環境をつくることも容易となり、一般人の健康増進のためのトレーニング方法としても広く利用されることも可能になってくるでしょう。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら


PageTop