水分【water ; body fluid】 - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング用語集 > 水分【water ; body fluid】

水分【water ; body fluid】

2011年08月23日

人体の約60%を占める水分は、細胞外液、細胞内液、血液、消化液などとして重要な役割を果たしており、わずかな喪失でも生命維持に大きな影響を及ぼします。

体水分の不足が起こると、口渇神経(大脳視床下部)が作動し飲水行動が起こり、また脳下垂体後葉から抗利尿ホルモンの分泌が促進され、腎尿細管での水の再吸収が増します(尿排泄量の減少)。

余分な水分は尿に排泄され体内水分量は一定に保たれています。
体内水分は、飲料水、食物の水分、代謝水などから1日約2.5ℓが入り、尿・糞便中、汗や呼吸などの不感蒸泄などで約2.5ℓが排泄されています。

高齢者では、腎機能が低下し、また高血圧などに罹患していることが多く体内に水を貯留しやすいので、浮腫への注意が必要です。

また、脱水時の口渇感が鈍くなることや、細胞萎縮による水の保有量が減少することなどから、脱水にも注意しなければなりません。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら


PageTop