トレーニング【training】 - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング用語集 > トレーニング【training】

トレーニング【training】

2011年08月23日

 体力づくりのためであるトレーニングは、筋肥大や最大筋力の向上を目的としたレジスタンストレーニングと最大酸素摂取量や筋代謝能の向上を目的とした持久性トレーニングがあります。

一般に、短時間に強い筋力を発揮するレジスタンストレーニングでは特に速筋線維の肥大が生じ、長時間にわたって運動を持続する持久性トレーニングでは遅筋線維において毛細血管およびミトコンドリア密度の増加が著しいとされています。

しかし、筋の適応はトレーニング強度、持続時間、実施頻度などにも大きく依存するため、期待した通りのトレーニング効果を得るには、これらを適切に操作することが必要です。

また、いずれのトレーニングも筋の活動水準を高めるという点では共通しており、速筋線維のサブタイプ間において遅筋型への移行(Ⅱb型線維→Ⅱa型線維)が観察されています。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら


PageTop