有酸素トレーニング - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング用語集 > 有酸素トレーニング

有酸素トレーニング

2011年08月26日

食物から得られる基質(おもに糖質・脂質)と酸素を利用して代謝する時、エネルギーは有酸素的に供給されています。

その有酸素的に供給する能力(有酸素能力)を高めるのが、有酸素トレーニング(aerobic training)です。

長距離走・水泳やクロスカントリースキーなどの有酸素能力が競技成績に強く影響を及ぼす競技種目では、有酸素トレーニングを多く取り入れることが求められます。

一方、短距離走・水泳などの種目では競技成績に対する有酸素能力の影響力は低く、過度に有酸素トレーニングを取り入れると、筋力やパワーを減少させるため、マイナス効果も懸念されています。

有酸素トレーニングの実施には、最高心拍数の70〜90%強度での運動を15〜20分以上継続し て行います。

有酸素トレーニングは実際の競技と同様の運動形態、すなわちランナーはランニング、スイマーは水泳で行うことが最も効果的です。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら


PageTop