等速性収縮【isokinetic contraction】 - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング用語集 > 等速性収縮【isokinetic contraction】

等速性収縮【isokinetic contraction】

2011年08月26日

一定の速度で筋が短縮あるいは伸張する筋収縮様式。
アイソキネティック収縮とも呼ばれます。

水泳のクロールのストロークなどがこの例として近いものですが、人間の身体運動において等速性収縮が発現する機会はあまりありません。

このように等速性収縮は特殊な条件であることから、その実現には特別な装置(等速性筋力計など)によって速度を制御する必要があります。

等張性収縮で短縮速度が一定になることは、短縮速度を一定にすれば定常状態で張力が一定になることを示唆します。

このような発想に基づいたものが等速性収縮ですが、実際には関節構造により、関節の角速度を一定にしても筋の収縮・伸張速度が一定になるとは限らなく、筋腱相互作用や神経系の影響から等速性収縮を完全には達成できないことが多いです。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら


PageTop