等張性収縮【isotonic contraction】 - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング用語集 > 等張性収縮【isotonic contraction】

等張性収縮【isotonic contraction】

2011年08月26日

一定負荷のもとで収縮する筋は、定常状態において負荷と釣り合った張力を発揮します。
このような収縮様式を等張性収縮と呼びます。

バーベルなどの一定の負荷を等速度で上げ下げする運動に対応します。

負荷の慣性により、動作に加速や減速があると負荷の大きさが変化し、等張性収縮を保てなくなります。

また、骨格筋と関節の回転中心との間の距離(モーメントアーム)は関節角度によって変化するので、関節運動において一定のトルクや運動速度を維持していたとしても、骨格筋が等張性収縮を行っているとは限りません。

したがって、通常の身体運動やレジスタンストレーニングにおいては、
等張性収縮の局面はごくわずかしか存在しないことが多いとされます。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら


PageTop