スポーツトレーニングにおける個別性の原則とは - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング用語集 > スポーツトレーニングにおける個別性の原則とは

スポーツトレーニングにおける個別性の原則とは

2011年11月20日

スポーツトレーニングにおける個別性の原則とは、
個人の特性に応じてトレーニングプログラムを変化させなければならないという原則です。

トレーニングは目的、目標、課題、段階、経験、性、外的環境等は個人ごとに異なり、
同一トレーニング刺激に対する適応にも個人差が生じます。

達成度評価をもとに個人ごとに課題を抽出し、
トレーニング手段や負荷(強度・量・頻度)を選択していくことが極めて重要です。

単に成功者の方法をそのまま他者に適用したとしても、その効果は保証されません。
とくにシニアや上級者用に立案されたプログラムを、ジュニアや初心者に適用することは危険です。

また子どもの成長速度は個人差が大きく、年齢のみをもとにしたトレーニング処方にも注意しなければなりません。
集団のトレーニングを扱う場合には、全体をできるだけ等質な部分集団に分ける工夫が不可欠です。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら


PageTop