スポーツトレーニングにおける積極性の原則とは - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング用語集 > スポーツトレーニングにおける積極性の原則とは

スポーツトレーニングにおける積極性の原則とは

2011年11月20日

スポーツトレーニングにおける積極性の原則とは、
トレーニングプログラムの立案および実施に対して、
コーチと競技者はともに積極的に関与しなければならないという原則です。

与えられた手段を規定回数実施するだけの盲目的・受動的な トレーニングでは、目的を達成することはできません。

この原則は初心者よりも経験者にとってより重要です。
初心者はトレーニングに関する知識が少ないため、コーチからの直接指示や指導を受ける場合が多いからです。

コーチと競技者は協同してトレーニング目標を設定し、その達成に向けての短期および長期のトレーニングプログラムを作成すること、および定期的に達成度評価を実施してプログラムの有効性を評価することが重要です。

ベテラン競技者の場合には、コーチの助言を受けながら自分自身でプログラムを作成することが望まれます。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら


PageTop