スポーツトレーニングにおける漸進性の原則とは - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング用語集 > スポーツトレーニングにおける漸進性の原則とは

スポーツトレーニングにおける漸進性の原則とは

2011年11月20日

スポーツトレーニングにおける漸進性の原則とは、
トレーニング負荷と課題は徐々に増大させていかなければならないという原則です。

トレーニング負荷あるいは課題を固定したままトレーニングを継続することは、
トレーニング効果の低下と競技力の停滞を招きます。

これは一定のトレーニング刺激に対する適応が生じた後に、
同一負荷でのトレーニングを継続実施しても、
それ以上の適応を引き出すことができないという理由によります。

しかし、スポーツトレーニングにおける負荷と課題の増大は、単なる比例的な増加ではありません。

一般的に準備期における量的負荷の増大から専門的準備期における強度増大へと、質的な変化を伴ったものではありません。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら


PageTop