アミノ酸とは - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング用語集 > アミノ酸とは

アミノ酸とは

2011年04月25日

アミノ酸とは、タンパク質を構成する有機化合物の総称です。

20種類のアミノ酸がペプチド結合して、タンパク質を形成しているのです。

筋肉や血液、骨をつくるのはもちろんのこと。
ホルモンや酵素もつくりますので、パワーの源とも言えます。

激しい運動によって、組織は消耗度を増すために、食事からの摂取が不十分な場合は、体力が全体的に低下します。また貧血の原因にもなります。

アミノ酸は、植物や動物の肉を食べることによってタンパク質を摂取し、消化によってアミノ酸まで分解したあと、腸から吸収し体づくりのためのタンパク質に再合成していきます。

アミノ酸のうちバリン、ロイシン、イソロイシン、スレオニン、トリプトファン、メチオニン、フェニルアラニン、リジンの8種類は人の体内で合成することができないため、必須アミノ酸と呼ばれています(幼児はアルギニンを加えた9種類)。
 
良質なタンパク質とは、必須アミノ酸がバランスよく含まれているかどうかによります。

これを数値化したものが、栄養価を表すアミノ酸スコア(あるいはプロテインスコア)です。
ただし、スコアが低いから食品として劣っている、食べる必要がないというわけではありません。

アミノ酸スコアの高い食品と一緒に食べることで補足効果が期待できますし、色々な食品を摂取することによって全体の栄養バランスを整えることができます。

また近年、バリン・ロイシン・イソロイシンを分岐鎖アミノ酸(BCAA)が、成長ホルモンの分泌を促し筋肉づくりを効率よくするとか、筋タンパク質の消耗を防ぐとかの知見があり、サプリメント(補助食品)として市販されています。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら

カテゴリ内の次の記事




PageTop