蛋白質とは - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング用語集 > 蛋白質とは

蛋白質とは

2011年04月26日

たんぱく質は、人間のカラダを構成する最も重要な物質です。

筋肉や血液、骨格をつくるのはもちろん、ホルモンや酵素もつくるので活力源ともいえます。

激しい運動によって、組織は消耗度を増すため、食事からの摂取が不十分の場合には体力、筋力、活力が低下したり、貧血の原因となります。

逆に過剰摂取は筋が増えるわけではなく、脂肪として蓄えられるか排泄され、不十分だと筋・骨などの発育障害・免疫力低下などの弊害をもたらします。

タンパク質は20種類あるアミノ酸がペプチド結合で重合してできた化合物です。

そのうち体内合成が不可能か、合成量がわずかなものを必須アミノ酸と言います。
必須アミノ酸はロイシン、イソロイシン、バリン、フェニールアラニンなど9種類があります。

タンパク質は消化液でアミノ酸レベルにまで分解され、小腸から吸収されるが、再び肝臓で人体固有のアミノ酸配列に合成されます。

タンパク質は常に合成と分解を繰り返し、新旧のアミノ酸が交換される動的平衡状態が保たれており、これを代謝回転と呼ばれています。

人間は、植物や動物の肉を食べることによってタンパク質を取り入れ、胃酸や消化酵素でアミノ酸まで分解したあと、腸から吸収し、自分のカラダをつくるためのタンパク質に再合成しているのです。

エネルギー源としての役割は、糖質・脂肪に比べて二次的なものになります。


日本人の食事摂取基準(2005年版)では標準的な成人(高齢者を含む)の男性で60g/日、女性で50g/日が推奨量とされている。

卵は必須アミノ酸のバランスが完全で、肉や魚・大豆製品なども良質なタンパク源です。

タンパク質には動物性と植物性に大きく分けられていますが、種類によって栄養価も異なりますので、どちらが優れているかという判断は難しいため、両方のタンパク質のバランスを考えて摂ることをおすすめします。

タンパク質に含まれる窒素は、腎臓を介して体外へ排泄されます。
高齢者では腎機能が低下するため、アミノ酸のバランスが良いタンパク質の適量摂取を心掛けて頂きたいと願います。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら

カテゴリ内の前の記事



カテゴリ内の次の記事




PageTop