脂肪とは - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング用語集 > 脂肪とは

脂肪とは

2011年04月26日

脂肪とは、炭水化物やタンパク質と並ぶ、グリセロールと脂肪酸とを含む三大栄養素のひとつです。
体内においては、骨格筋と内臓諸器官以外を構成する成分として働く組織です。

脂肪には単純脂質(中性脂肪)、複合脂質(リン脂質、糖脂質)、誘導脂質(コレステロール)の3つがあります。

動物性食品などから摂取した脂肪は、酵素によって脂肪酸とグリセロールに分解吸収され、体内で中性脂肪として皮下・腹腔・筋の間に蓄えられます。

この中性脂肪は運動エネルギー源となり、糖質(グリコーゲン)とは異なり、1gあたり9kcalと糖質の倍以上のエネルギーを発生します。

とくにマラソンなど低強度で長時間の運動には、この有効なエネルギー源として利用されます。

また多量に体脂肪として保存できるので、摂りすぎは高コレステロール化を招き、動脈硬化から心筋梗塞・脳梗塞といった生活習慣病のリスクも高まります。

脂肪を悪者と思い込み、極端に減らす人もいますが、ホルモンや細胞膜の構成成分でもあり生体に欠かせない栄養素ですので適度にとることが大切です。

とくに肉や魚の脂肪分、揚げ物、これ以外に生クリームやバターを使った洋菓子、マヨネーズ、油で調理されたスナック菓子にも多く含まれていますので摂り過ぎには注意して下さいね。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら

カテゴリ内の前の記事



カテゴリ内の次の記事




PageTop