ビタミンB12とは - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング用語集 > ビタミンB12とは

ビタミンB12とは

2011年04月28日

ビタミンB12は悪性貧血を防ぎ、赤血球をつくるのに貢献し、神経機能を維持する働きがあります。

シアノコバラミンとも呼ばれる水溶性ビタミンです。
葉酸やビタミンB6とともに、造血において重要な役割を果たし、動脈硬化の危険因子とされているホモシステインの血中濃度を正常に保つ働きがあります。

一日に必要な量はごく微量で不足することは少ないですが、菜食主義者や高齢者では不足することがあります。
また過剰摂取による障害はほとんどないとされています。

ビタミンB12を含む食品

焼のり、赤貝、はまぐり、カキ、しじみ、ほっきがい、イクラ、牛・豚・鶏のレバーなどがあげられます。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら

カテゴリ内の前の記事



カテゴリ内の次の記事




PageTop