リンとは - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング用語集 > リンとは

リンとは

2011年05月06日

リンは骨や歯をつくる材料、細胞膜を構成する働きがあります。

リンは、生体内の組織細胞に不可欠な構成要素で、生理機能において重要な働きをしている必須ミネラルの一つです。

カルシウム代謝と深い関係にありますので、量を考慮して摂取する必要があります。

腎機能が正常であれば血中リン濃度が調節されますが、食品添加物として加工食品に多く用いられています。

そのためにリンの過剰摂取につながる可能性があり、長期間の摂取は腎機能の低下、副甲状腺ホルモンに対する反応も低下するおそれがあります。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら

カテゴリ内の前の記事



カテゴリ内の次の記事




PageTop