ア行 - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング用語集 > ア行

等尺性(アイソメトリック)筋収縮とは

2011年05月28日 [記事URL]

筋が長さを変えないで張力を発揮する筋収縮のことです。



等速性(アイソキネティック)筋収縮とは

2011年05月28日 [記事URL]

全可動域を通して一定の速度で行われる筋収縮のことです。



ATP-CPr系とは

2011年05月28日 [記事URL]

ATP-CPr系は、解糖系、有酸素系などの3つあるエネルギー供給系の1つです。

生体内でクレアチン燐酸が分解されるときに、ATPが合成される無酸素エネルギー供給機構です。

この供給機構システムはクレアチン燐酸(phophocreatine:PCr)を用いて、ADP+PCr (ADP;アデノシン二燐酸,Cr;クレアチン) = ATP+Crの反応を介してアデノシン三燐酸(ATP)を供給しています。

このエネルギー供給機構の特徴は、3つあるエネルギー供給系の中では、ATPの供給速度は最も高いのですが、供給時間は最も短いのです。

供給時間が短いのはPCrが枯渇するためであり、最大努力で筋収縮を行った場合、10秒以内で供給は止まってしまいます。

100m程度の距離を全力で走ったりするようなきわめて短時間で終了する運動では、必要なATPのほとんどがこのエネルギー供給機構から賄われています。



アイシングとは

2011年04月25日 [記事URL]

アイシングは対象とする部位を冷やすことによって、血管や組織の収縮を促し、多量に流入する血液・組織液の流入を防ぎ、痛みや筋痙攣の軽減、代謝の減少、炎症の抑える処置です。

怪我発生やトレーニングが進むと、運動後に惹起される浮腫による筋肉痛や関節痛が問題となります。
浮腫が生じると周辺の知覚神経が圧迫され痛みが惹起されます。

したがって、アイシングは、血液・組織液の流入を阻止し、知覚神経の働きを抑制し、その部位を鈍感にして痛みを一時的に軽減する処理です。

方法としては、ビニールや氷嚢に氷を入れて患部を冷やしたり、バケツに氷水を入れて患部を冷やすなどと様々です。




《 前 1  2  3  4  5  6  7  8 


お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら

PageTop