カ行 - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング用語集 > カ行

活動電位【Action potential】

2011年05月29日 [記事URL]

分極または脱分極の逆転により、生体の活動時に筋または神経内に発生する電気的活動。



過呼吸【Hyperventilation】

2011年05月29日 [記事URL]

必要以上に呼吸を行なうこと。
呼吸の深さおよび頻度の増大による肺の空気に出入の過度な動きであるため、結果として動脈血中の酸素分圧が上昇、炭酸ガス分圧が低下し1回換気量が増大する。



化学的エネルギー【Energy chemical】

2011年05月29日 [記事URL]

化学的変換にともなって発生するエネルギー。
栄養素が細胞内に入ると、細胞へエネルギーが供給されることなどがある。



運動と高体温【Hyperthermia】

2011年05月29日 [記事URL]

高体温とは、体温が異常に高いことです。

過温症とも言います。

生体反応でウイルスの感性などによって生じる場合や治癒の一環として生じます。

近年エアコンが普及したことや、運動する機会が減っていることから、子供の汗腺の発達が著しくないことも原因の一つとされています。

睡眠不足などの生活リズムが乱れたことによる、
自律神経がうまく機能していないためではないかとも考えられています。



下位運動神経【Lower motor neurons】

2011年05月29日 [記事URL]

脊髄に存在する筋に直接作用する運動神経・細胞である。
主に大脳皮質の運動野と脊髄前角にあり、脊髄前角細胞以下を下位運動神経(下位運動ニューロン)という。



運動・スポーツにおけるクールダウン

2011年05月29日 [記事URL]

運動終了後に、蓄積された乳酸を筋および血液から速やかに除去する目的で行なう運動過程です。

激しいスポーツやトレーニング後に、
ストレッチやジョギングなどの軽度の運動や整理体操を行うと、
筋肉中の乳酸の除去が早まるなど、疲労の回復に有効と言われています。

クーリングダウン、またはウォームダウンと同義語です。

詳しくは「運動・スポーツにおけるクーリングダウン」をご覧下さいね。



関節可動域とは【range of joint motion】

2011年05月29日 [記事URL]

関節可動域(運動範囲)とは、四肢や体幹の関節を自動的、または他動的に運動させたときの可動範囲のことを言い表します。

つまり運動において関節を動かすことができる範囲のことです。

ウォーミングアップを行うことによって、関節の可動範囲を一時的に広げることが可能です。

また運動直後などでストレッチングを定期的に行うことで、関節可動域を広げることも可能になります。


関節可動域は、動きがないもしくは非常に少ない中での静的可動域(静的柔軟性)と、動きを伴った中での動的可動域(動的柔軟性)の2つに分類されています。

さらに外的な作用による受動的可動域および自ら力を発揮する中での能動的可動域に分けられています。

スポーツのパフォーマンスは、動的・能動的可動域が大きく影響します。
しかし、それと静的・受動的可動域との差が大きい場合、怪我や障害を導く可能性が高くなってしまいます。

関節可動域には靭帯、関節包、筋、腱、皮膚などの弾力性が大きく関わり、これらの向上には動作に関与する筋群の血流量、リラクゼーション、主働筋拮抗筋の協調性が深く関わっています。

このことは関節可動域が筋や腱の障害、疲労等に大きく影響されるという事実を説明しています。

ストレッチング等の柔軟性に関わる運動は、関節可動域を向上させる上で有効な方法の1つであると同時に、静的・受動的可動域との差を縮めて怪我や障害を防ぐ方法でもあるのです。



コンディショニング【conditioning】

2011年05月29日 [記事URL]

最高の状態で競技ができるように身体機能を調整すること。

十分な睡眠時間、バランスのとれた栄養など。
できる限り生活リズムを崩さず、いつも通りに過ごすことも大事です。



コンセントリック収縮【concentric contraction】

2011年05月28日 [記事URL]

コンセントリック収縮(短縮性)とは、筋が短縮しながら収縮し、張力を発揮すること。



コルチゾール

2011年05月28日 [記事URL]

ストレスへの抵抗などにかかわる副腎皮質から分泌されるステロイドホルモンのこと。




《 前 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 


お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら

PageTop