サ行 - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング用語集 > サ行

スキル【skill】

2011年05月29日 [記事URL]

技能、技術、技量。



心拍出量【carbiac output】

2011年05月29日 [記事URL]

1分あたりに心臓から拍出される血液量。



身体運動能力【biomotor ability】

2011年05月29日 [記事URL]

走る、跳ぶ、投げる、泳ぐなどの運動を行う発揮する能力のことです。

スポーツの世界では、これらをパフォーマンスとして総称しています。

また基礎である筋力、パワー、スピード、持久力、柔軟性、敏捷性などもスポーツを行う上で、基礎体力も運動能力の素です。



神経インパルス【neruve impulse】

2011年05月29日 [記事URL]

骨格筋を収縮させる神経からの興奮。



自律神経【parasympathetic vegetative system】

2011年05月29日 [記事URL]

不随意筋の運動や腺からの分泌を受けもつ神経。



上腕二頭筋【biceps brachii】

2011年05月29日 [記事URL]

上腕の肘関節屈筋群の1つ。



主働筋とは【agonistic muscles】

2011年05月29日 [記事URL]

主働筋とは、ある運動動作を行う際に中心的に収縮する筋肉のことです。
その反対の影響(効果)を与える筋肉を拮抗筋と言います。

例えば膝を曲げる動作する場合、大腿二頭筋が主働筋となり、拮抗筋は大腿四頭筋となります。

逆に膝を伸ばす動作では、大腿四頭筋が主働筋となり、拮抗筋は大腿二頭筋となります。



運動の自動化とは

2011年05月29日 [記事URL]

熟練によって、運動の遂行が無意識に行われるようになること。



持久力とは【endurance】

2011年05月29日 [記事URL]

持久力とは、運動を長時間遂行する能力のことです。

マラソン、水泳、自転車、トライアスロンなどの有酸素系のスポーツでは、持久力の高い選手が有利であることは言うまでもありません。

持久力には、大きく2つの能力があります。
腕立て伏せや、腹筋運動、スクワットなどは、一部の筋肉を働かせる運動であるので筋持久力と称します。また持久走または長距離走などの全身の筋肉を働かせる全身持久力があります。

筋持久力を向上させるには、筋持久力トレーニングが有効であり、全身持久力を向上させるには、全身持久力トレーニングが有効です。
何だかそのままな名称ですが(笑)

他にも筋持久力と全身持久力の両方を鍛えられるインターバルトレーニングや、サーキットトレーニングなどもあります。

それぞれのスポーツ種目に応じて、最適なトレーニングを選択することが重要なのです。



筋の弛緩

2011年05月29日 [記事URL]

筋肉の緊張を解くことです。

ある動作をする際に拮抗筋の力が大き過ぎると、主働筋にとって抵抗になってしまい、動作を円滑に行えなくなる。

逆に拮抗筋が緊張せずリラックスしている状態だと、素早い動作を行うことが容易になる。

ただし拮抗筋などの筋肉が程よく緊張しているおかげで、主働筋とのバランスを保ち怪我などのリクスも軽減される。




《 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 


お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら

PageTop