炭水化物【carbohydrate】 - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング用語集 > 炭水化物【carbohydrate】

炭水化物【carbohydrate】

2011年08月23日

炭水化物(糖質)は生命維持に必要なエネルギー源で、最小単位は単糖類です。
これが結合して二糖類、少糖類(オリゴ糖)、多糖類となります。

糖質は体内へ吸収された後、筋肉中にグリコーゲンとして(肝臓の3~4倍量)存在し、運動中のエネルギー源として大きな役割を果たします。

血液中に約0.1%存在するブドウ糖(血糖)は、脳や赤血球、腎臓などで消費されています。

肝臓グリコーゲンはブドウ糖に分解された後、血液中に放出され、筋肉に取り込まれて運動時のエネルギー源ともなります。

ブドウ糖は筋肉の細胞膜を通過できないので、輸送体(GLUT4)が、細胞膜の上で機能しています。

インスリンが筋肉に作用すると、細胞内のGLUT4が細胞膜上へ移動しますが、高齢者の場合、活動量と筋肉量がともに減少するため、GLUT4の総数が減少し、筋肉の糖の取り込み能力が低下します。

しかし、高齢者であっても運動トレーニングを続けると、GLUT4は増加し糖の取り込み能力が向上することが知られています。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら


PageTop