藤原トレーナー直伝コラム - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

HOME > 藤原トレーナー直伝コラム

断食ダイエットをすると筋肉が減って脂肪は残ります。

2022年07月23日 [記事URL]

血糖値を極端に下げるような断食や絶食をすると、
副腎皮質からコルチゾールというホルモンが分泌されます。

コルチゾールは、
筋肉を分解して生体活動のエネルギーにします。

つまり、
極端な食事制限やダイエットをしてしまうと筋肉は減ります。

なせなら、
筋肉はエネルギーを大量に消費してしまうのです。

ただでさえ断食や絶食、
極端な食事制限などでダイエット中は飢餓状態なので、
燃費の悪い筋肉を先に使って減らしてしまおうとするのです。

いやいや余計なのは、
脂肪の方では???

と思う気持ちも分かります。

しかし、
優先順位は脂肪なのです。

脂肪は生命維持のために、
最後の最後までとっておく必要があるのです。

なので、
ダイエット成功を目指して、
断食や絶食のような極端な食事制限をすると。

体は省エネタイプになろうとするので、
筋肉を減らし、脂肪を残そうとするのです。

なので、
ほとんど食事をしないようなダイエット法はアウトです。

筋肉は落ちてしまうと基礎代謝が悪くなって、
逆に脂肪がつきやすい体になってしまいますので気をつけましょう。

ダイエットをするなら、
じっくりと長い時間をかけて筋肉を維持しながら、
脂肪を減らしていく方法を行うべきです。

しっかり食べて筋肉を維持し、
楽な運動を長時間行って脂肪をしっかり燃やす。

といったやり方を最低でも、
3ヶ月した方が最もダイエット効果が高いです。



運動と食事の両立を目指すダイエットをするから失敗しやすい。

2022年04月12日 [記事URL]

ダイエットを成功させる基本は、
摂取カロリーを減らして消費カロリーを増やすこと。

要するに、
あまり食べないで、よく体を動かすこと。

当たり前のことではあっても、
実際に運動と食事を両立させたダイエットするとなると。

かなり難しい話になります。

極端に言えば、
ご飯が好きではなく、
運動が大好きな人であれば成功しやすいです。

本人にとっては、
何の苦もないからです。

しかし、
そんな人は稀だと思います。

ほとんど人は、
ご飯が好きであるはずです。

あまり我慢したり、
カロリーを気にしたりして、
食事をすることはしたくないでしょう。

また運動も、
よっぽど好きな人でもない限り。

ずっと継続的に続けることは、
苦痛以外の何物でもないかと思います。

なので、
両方が得意であるか、
好き好んで実行できる人はそうそういないと思います。

ただ、
どちらか一方であれば、
努力次第でできる人は結構いると思います。

どちらも成功させることはできない。

けれど、
一方だけであれば、
なんとかできるかも。

そうなると

一つの方法に注力するだけでも、
両方やって断念してしまうより効果的。

となる可能性が出てくるでしょう。


有識者や専門家の言ってることは、
正しい理論であるがゆえに。

理論から外れると、
何も得られない気がして。

両方を成功させようとする。

それ自体が、
苦になってダイエットが続かない。

ということに陥ってしまう方が、
多いのではないかと思えてしまいます。

もちろん両方やれば、
効果的なダイエットになります。

けれど、
一方だけでも、
立派なダイエットだと思います。

もちろん効果を比べれば、
運動と食事の両面からアプローチした方がいい。

しかし、
それよりも効果は少なくても、
ダイエットが継続できるのであれば。

よっぽどその方が、
効果的であると言えます。

どんなに良い方法でも、
ご自身が続けられる方法でなければ。

その方法は、
宝の持ち腐れになります。

ご自身にとっては、
効果的でないダイエット方法なのです。

なので、
運動と食事を両立を目指そうとせず。

どちらかできる方だけを、
気長に続けることがダイエット成功につながると強く思います。



筋トレをして筋肉を増やすと、なぜ痩せやすい体になると言われるのか?

2022年01月30日 [記事URL]

筋肉は血液の中にある糖質のほとんどを使い込んでしまうからです。

当然、
筋トレをすることで、
エネルギーを消費して糖質がたくさん必要になります。

また筋肉を増えたことでも、
糖質をさらに消費するようになるからです。

血液中の糖質は、
筋肉が80%以上を利用しているとされています。

筋肉が糖質を利用すると言いましたが、
筋肉のエネルギーであるATP(アデノシン三リン酸)をつくるためです。

筋肉を動かすエネルギーは糖質ではありません。
筋肉のエネルギーはATPという物質だけです。

このATPを作るためには、
たくさんの糖質が必要になるのです。

だから筋トレによってたくさんの糖質が必要になります。
言い換えるとカロリーを多く消費します。

さらに筋トレによって筋肉の量が増えることで、
よりカロリーが消費されやすくなると言うことです。

多くの糖質を筋肉が使ってしまうので、
筋トレがダイエットに効果的だと言われる所以です。

ランニングやサイクリングなどで消費するより、
筋肉を増やした方が良いとされる場合もあります。

最もダイエットに効果的なのは、
有酸素運動と筋トレを並行して行うことです。

逆に筋トレを行わないようになると、
血液中の糖質を使わなくなるようになります。

これが長年にわたって続くようになると、
糖尿病になってしまう可能性が高くなります。

なので、
筋力トレーニングを定期的に行うことで、
ダイエットにとても効果的であるのです。

ダイエットに限らず、
筋力アップや糖尿病予防など。

健康面での様々な効果が期待できるのです。



お金をかけずにダイエットを成功させるなら、余計な食料を買えないようにする。

2021年12月27日 [記事URL]

ダイエットを成功させたいと思うなら、
先ず銀行カード、クレジットカード、QRコード決済、現金を持たないことです。

極端に思えるしれませんが、
そのくらいしないと人間は欲に勝てません。

ダイエットを自分一人で、
コントロールしようとするから無理が祟る。

自分一人では無理だから、
トレーナーにお願いしようとします。

しかしそれは、
最終的なもので良いと思います。

とにかく余計な食料を買えなくすること。

これが最もおすすめです。

運動もキツい。

なかなか続かない。

でもお腹も減った。

今まで余計に食べていたから。

太ったはず。

なので、
その余計な食料とやらを買えなくする。

そのために前述した。

銀行カード、クレジットカード、
QRコード決済、現金を持ち歩かないことです。

いやほんと持つと。

何かにつけて、
コンビニで何か買えてしまうでしょ?

持ち歩かなくなったら、
わざわざ家に帰ってお金とって来て。

再び食料を買いに行く。

となると、
面倒臭くなるので。

まぁもうええかな。

ってなる。

つまりは、
自分の行動に強制的に制限を設けることで、
必然的に余計なカロリーを摂取しなくなれると思います。



足を速くするなら全力ダッシュ。ランニングやジョギングで走り込む必要ナシ。

2021年09月11日 [記事URL]

速く走るためには、
全力ダッシュを週2日か3日、
1日数本行うことが良いと思います。

全力ダッシュ100本!
などと極端に数多く走り込む必要はないと思います。

こういう走り込みが大事だと、
数をかけることに躍起になる人がいます。

数をかけることは悪いと思いません。

それなりの効果は期待できるはずですが、
足を速くするトレーニングから遠ざかりこともあります。

なので、
私はお勧めできないですね。

全力ダッシュをする数を増やしても、
人間は数を熟せられるようにスピードを調節します(遅く)。


結局のところ、
持久力のトレーニングになってしまう場合があるからです。

じゃあ80%ダッシュは?

80%で走る諸々の力はつくと思います。
ただこの80%ダッシュに固執すると、
トップスピードの向上は期待が薄まることもあるでしょう。

目的は、足が速くなること。

トレーニング効果は、
トレーニングをした特有の運動にしか効果は得られません。

「スポーツトレーニングにおける特異性の原理とは」
https://www.fujiwaratoyoki.com/page/yougo/434.php

ですので、
足が速くなりたいのに、
ランニングやジョギングをすることに拘る必要はないと思います。

時々行うだけで良いと思います。

要は全力疾走以外のトレーニングに、
時間や労力をかける必要はないかと思います。

色んなトレーニングをした方がいい部分もあります。

心や体に色んな刺激を与えることは良いですが、
それが目的化してしまうことは好ましくありません。

あくまでも速くなるためなのであれば、
速くなるためのトレーニングに拘れば良いと思います。


ランニングやジョギングは、
ダッシュする前のウォーミングアップとしては、
良い運動だとは思いますが、有酸素運動です。

持久力を向上させる運動です。

ジョギングで、
走っているスピード以上に速くはならないでしょう。

基礎体力をつけるため?
なら良いんですけど。

目的は、
走るスピードを速くすること。

走りを速くするために、
速く走った方がいいですよ。

当たり前のことを当たり前にやる。
だけで良いと思います。



試合に負けたから練習・トレーニングが悪かったと考えることが、むしろ悪い。

2021年09月08日 [記事URL]

勝ったから、
良い練習・トレーニングができていた。

負けたから、
悪い練習・トレーニングしてしまっていた。

と考えることは、
悪い考え方であると思います。

いくら正しいトレーニングをしていても、
必ずしも勝てるとは限りません。

負ける時だってある。

確かに、
練習やトレーニングを検証することは大切。

ただ試合そのものは、
努力だけの結果とは限らない。

もっと言えば、
運もあるかもしれない。

色んな要因が絡み合って、
結果を生み出しているはずです。

だから同じトレーニングをしても、
みんな同じ成果を出せるわけではありません。

練習やトレーニングは、
過去の自分と比べてどれだけ伸びたか?

というのを評価した方がいいと思います。

試合に負けても、
練習・トレーニングに間違いがなければ、
徹底的に突き詰めていった方が、
練習・トレーニングの改善につながるはずです。



ランニングのために筋トレする暇があったら、もっと走れ!走りに貢献する筋肉は走ることで鍛えられる。

2021年09月02日 [記事URL]

走るために貢献する筋肉は、
ランニングをする(走る)ことで鍛えられます。

当然のことです。

だから、
ランニングするために筋トレは重要ではありません。

筋トレが無意味ではない。

スポーツは、
いかにそのスポーツに必要な筋肉に鍛え上げ、
鍛え上げた筋肉をうまく使うかが勝負だと思います。

筋肉を大きくする必要はないんです。
大きくする必要があるのは主にボディビルです。

もちろん筋肉を大きくしない筋トレはあります。

でも筋力トレーニングを重視するのは好ましくありません。

トレーニングは、
筋肉の機能と形態の一部を向上させるに過ぎない。

確かに1つ1つの筋肉が強くなったは悪いことではありません。

けれどもスポーツでは、
色んな筋肉をうまく連動させることが重要です。

脚の筋肉だけを強化しても、
パフォーマンスアップに簡単にはつながりません。

筋トレばかり時間を割くことは、
走る能力を向上させる上で得策ではないと思います。

それよりも、
走る時間に時間を割く方が断然効果的です。

もちろん何か改善したい理由から、
他のトレーニングを取り入れることも良いと思います。

もっと速く走れるようにと思って、
筋力強化として筋トレで行うのではなく。

いつも通りにランニングをしていて、
脚に負荷がかかりやすい地面を選ぶのも得策だと思います。

例えば砂浜とか、
いつもの地面とは異なる場所で練習するのが良いと思います。

それでも基本は「走る」ことが最も重要です。

スピードアップなら速く走る!
持久力アップなら長く走る!!



オリンピックや世界選手権で頂点を目指す場合、親の遺伝は関係ある。

2021年08月15日 [記事URL]

もしあなたが世界大会、日本選手権など
最高レベルのスポーツ競技大会で優勝を目指す場合なら、
親の遺伝的影響大きいことは事実です。

とくにクローズドスキルなどの陸上競技、水泳、自転車競技などでは、
体組成や体力の要因が非常に大きいのです。

しかし、
都道府県大会で優勝を目指すと言った場合は、
遺伝的な差はなく努力の差です。

ただ例えオリンピックで、
金メダルを目指せるほど遺伝的に有利であっても、
潜在能力を発揮するための環境や努力は必ず必要なのです。

もし走りが速くなる上で有利な遺伝子を持っていれば、
・足が速い才能に気づく。
・指導者に才能を見出される。
・より良い練習が続けられる環境。
・過酷なトレーニング。
・怪我をしない

以上の中で1つでも不十分な場合は、
エリートアスリートになるのは非常に難しいです。

1つ1つの要素が結びつけば、
最高レベルでの勝負を決めるほどの、わずかな差でも役立ちます。


逆に有利な遺伝子を持っていない場合は、
・速く走れることが大きな喜びであることを知る。
・足が速くなる意欲が認められる。
・より良い練習が続けられる環境。
・過酷な練習及びトレーニング
・怪我をしない

以上、
速く走る遺伝子を持っている人と同じく、
どの1つも欠けてないことが必要です。

ただ遺伝的特徴が走りに影響するか否かは、一要因でしかなりません。

家族や指導者の協力、
道具や食生活の費用がしっかり賄えるか。

最高のパフォーマンスのための練習・トレーニングに、のめり込むことも大事。

先生や指導者から才能を見出されなかったり、
しかるべき環境や自律の精神に恵まれなかったりすると、
遺伝的に有利でも潜在能力を発揮するのは難しいです。

ほとんどのアスリートは、
オリンピックでの優勝に必要な遺伝的特徴を備えていません。

だからと言って、
トレーニングが無駄であるはずは決してなく、
優秀なパフォーマンスが不可能なわけでもありません。



ジョギングとランニングの違いは、走る速度?

2021年08月05日 [記事URL]

一般的に走ることについて、
ランニングやジョギングが言葉として使われます。

その違いを意識して使われている方は少ないと思います。
言葉としての定義もされているわけでもないですし。

ランニングもジョギングも走ることには変わりありません。

その違いを説明するとなれば、
スピードの違いであるとしか言えません。

ジョギングとは、
ランニングよりもスピードが遅く長時間の運動ができる「走り」です。

したがって、ジョギングはウォーキングより速く、
ランニングよりも遅いスピードで走ることになります。


感覚的には、
ジョギングのスピードでは、会話ができる速さで走ること。

人は時速約8キロ前後から「歩く」から「走る」へと変化します。

「走る」速度へと変化した時に、
呼吸数が増加する(乱れる)タイミングが現れます。

呼吸数が増加するタイミングの直前が、
ジョギングと言えるでしょう。

つまりジョギングとランニングの速さも違いは、
個人によって決まるものであるとも言えます。



「休む」こともトレーニングのうちです。

2020年08月26日 [記事URL]

トレーニングは、
最適な方法を続けることが最も大切です。

続けながらも、
うまく「休み」を取り入れることが、
さらなる効果を生むことになります。

筋トレ好きなら知っているであろう超回復。

同じ部位を毎日筋トレすれば、
逆効果になる可能性もあります。

筋肉に適度な休みを与えることで、
さらに筋肉を増やし、筋力を上げることができます。

休めば衰える。

そんな恐怖を抱くかもしれませんが、
時には勇気を持って休むことも必要なんです。

肉体的なことだけでなく、
精神的もリフレッシュの効果もあります。

休む期間が1週間以上となれば、
衰えていく可能性は否定できませんが、微々たるものです。

数日間「休む」ことは悪いことではありません。
トレーニングのうちです。




 1  2  3  4  5  6  7  8  9 


お問い合わせ

PageTop