試合に負けたから練習・トレーニングが悪かったと考えることが、むしろ悪い。 - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > 藤原トレーナー直伝コラム > 試合に負けたから練習・トレーニングが悪かったと考えることが、むしろ悪い。

試合に負けたから練習・トレーニングが悪かったと考えることが、むしろ悪い。

2021年09月08日

勝ったから、
良い練習・トレーニングができていた。

負けたから、
悪い練習・トレーニングしてしまっていた。

と考えることは、
悪い考え方であると思います。

いくら正しいトレーニングをしていても、
必ずしも勝てるとは限りません。

負ける時だってある。

確かに、
練習やトレーニングを検証することは大切。

ただ試合そのものは、
努力だけの結果とは限らない。

もっと言えば、
運もあるかもしれない。

色んな要因が絡み合って、
結果を生み出しているはずです。

だから同じトレーニングをしても、
みんな同じ成果を出せるわけではありません。

練習やトレーニングは、
過去の自分と比べてどれだけ伸びたか?

というのを評価した方がいいと思います。

試合に負けても、
練習・トレーニングに間違いがなければ、
徹底的に突き詰めていった方が、
練習・トレーニングの改善につながるはずです。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3749-1518まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら


PageTop