ジョギングとランニングの違いは、走る速度? - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > 藤原トレーナー直伝コラム > ジョギングとランニングの違いは、走る速度?

ジョギングとランニングの違いは、走る速度?

2021年08月05日

一般的に走ることについて、
ランニングやジョギングが言葉として使われます。

その違いを意識して使われている方は少ないと思います。
言葉としての定義もされているわけでもないですし。

ランニングもジョギングも走ることには変わりありません。

その違いを説明するとなれば、
スピードの違いであるとしか言えません。

ジョギングとは、
ランニングよりもスピードが遅く長時間の運動ができる「走り」です。

したがって、ジョギングはウォーキングより速く、
ランニングよりも遅いスピードで走ることになります。


感覚的には、
ジョギングのスピードでは、会話ができる速さで走ること。

人は時速約8キロ前後から「歩く」から「走る」へと変化します。

「走る」速度へと変化した時に、
呼吸数が増加する(乱れる)タイミングが現れます。

呼吸数が増加するタイミングの直前が、
ジョギングと言えるでしょう。

つまりジョギングとランニングの速さも違いは、
個人によって決まるものであるとも言えます。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3749-1518まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら


PageTop