トレーニング強度【training intensity】 - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング用語集 > トレーニング強度【training intensity】

トレーニング強度【training intensity】

2011年11月20日

 トレーニング強度とは、トレーニング負荷の構成因子の1つで単位時間あたりのトレーニング量、あるいは一定回数の試行あたりのトレーニング量と定義されます。

トレーニング運動における努力の度合い、身体機能の緊張度、運動に対する集中度などと密接に関係しています。

走行速度や泳速度、1回の試行で持ち上げられる重量、体操競技や芸術系種目のトレーニングにおいては、1回の試技で実施される技の数などがトレーニング強度の一般的指標として用いられています。

実行されるトレーニング内容は多様であるため、トレーニングユニット単位やトレーニング周期全体の強度を量的化する指標を見い出すことが難しいとされています。

主観的な最大の達成能力と関連させて「最小」「中程度」「最大下」「最大」といった強度領域として区分することもあります。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら


PageTop