ハ行 - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング用語集 > ハ行

運動におけるパワーとは

2011年05月29日 [記事URL]

パワーは、単位時間あたりになされる仕事のことです。

学術的には、力とスピードのかけ算とされます。

運動・スポーツにおいてパワーは、
短時間で大きな力を発揮ことで使われています。

いわゆる瞬発力として表されており、
ジャンプやダッシュ、素早い動作のことを指します。

パワーを効率良く向上させる適切な負荷は、
ウエイトトレーニングであれば最大筋力の30%程度であり、
理論上そのくらいの筋力発揮でトレーニングを行うことが良いと言えます。



運動におけるバリスティックとは

2011年05月29日 [記事URL]

バリスティックとは、反動を用いたダイナミックな動作のことです。

バービージャンプや腕立て伏せの姿勢から手を叩くなどの瞬発的な運動でもあります。

筋力トレーニングでは通常は、反動も用いた動作は行わないですが、
筋トレでバリスティックトレーニングをする場合は、最大筋力の50%以下の低負荷で行います。

バリスティックでトレーニングを行う方が、
実際のスポーツ動作に近い形で行えるため競技力向上のトレーニング方法の一つとして有効です。



ハムストリングとは

2011年05月29日 [記事URL]

ハムストリングとは、太ももの裏の筋肉。
膝の屈伸と股関節の伸展に関わる大腿背面の筋肉(主に大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋)のことです。

急激な運動をした場合、
肉離れが多く報告されている部分でもあります。

運動不足の方は定期的な運動を行ってから、
また準備運動をしっかりと行ってから強い運動をすることが大切です。



発射頻度とは

2011年05月29日 [記事URL]

発射頻度とは、筋力を規定する神経系の要因の1つで活動電位が発生する頻度を表します。

筋が力を発揮する際には、筋の収縮の調整が行われます。

その筋収縮の強弱は発射頻度によって調整されます。



バウンディング【bounding】

2011年05月29日 [記事URL]

片脚ずつ交互にバウンドしながら前方へ弾むトレーニング方法。



バイオメカニクス【biomechanics】

2011年05月29日 [記事URL]

骨格筋の力学的特性や動作など、生物に関わる基礎的課題の究明を目的とする生体力学分野の学問。



バイオプシー【biopsy】

2011年05月29日 [記事URL]

生体から細胞および組織を外科的に採取することで、その組織の状態を検査する方法。

スポーツにおいては、速筋と遅筋線維を割合を調べることがある。



バーンアウト【burnout】

2011年05月29日 [記事URL]

目標に対する心身のエネルギーが尽き果て、心的疲労感、空虚感、自己嫌悪感、作業能力の低下などが生じること。



ビタミンB1とは

2011年04月28日 [記事URL]

ビタミンB1は、糖質の分解を助け、中枢神経や末梢神経の機能を正常に保つ働きがあります。

ビタミンB1はチアミンとも呼ばれる水溶性ビタミンです。
糖質の多い食品やアルコールなどの摂取が多い人では、不足がちになりやすいと言われています。

欠乏すると脚気(倦怠・心臓肥大・浮腫など心臓と抹消神経の疾患)、疲労・神経機能減退などを生じる場合があります。

ビタミンB1の含まれる食品

うなぎ、豚肉、ごま、落花生、大豆などに含まれています。



ビタミンAとは

2011年04月28日 [記事URL]

ビタミンAは目や粘膜、毛細血管の血行を正常に保ち、がんのリスクを軽減する働きがあります。

ビタミンAはレチノールとも呼ばれ、動物性食品に含まれている脂溶性ビタミンです。
植物性食品に含まれるカロテンからも体内で生成されます。

欠乏すると夜盲症、皮膚乾燥症になる場合があり、また過剰にとると肝臓や皮膚障害を引き起こし、妊婦の場合は奇形のリスクを伴うことになるとされています。
 

ビタミンAを含む食品

うなぎ・カボチャ・ニンジン・ほうれん草・ レバー・牛乳・のり・卵などに含まれています。




《 前 1  2  3  4  5 


お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら

PageTop