藤原豊樹プロフィール - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > 藤原豊樹プロフィール

パーソナルトレーナー藤原豊樹プロフィール。

略歴

プロフィール写真

パーソナルトレーナー
ボディコンサルティング代表
個人への運動指導、企業のイベント・健康器具開発のコンサルティング業務を担いながら、日本体育大学・明治大学・東海大学・東京理科大学で体育の教鞭を執っている。
またや埼玉消防学校においても講師を務めている。
さらに日本コーチング学会会員・ヨーロッパスポーツ科学学会会員となって研究を続けている。

【略歴】

1975年兵庫県神戸市生まれ。1994年に上京し、体育・スポーツの名門日本体育大学に入学。

ここで運動・トレーニングに関するあらゆる知識・技術、そして指導法を学び、少林寺拳法部に所属し四年次には主将を努め、全日本優勝を果たし内閣総理大臣賞受賞。

1998年大学院に進学し、浅見俊雄教授(東京大学名誉教授、日本体育大学名誉教授、国立スポーツ科学センター初代センター長、日本サッカー殿堂入り)の下で、トレーニング研究とスポーツコーチングについて学ぶ。

2000年、大学院修了後に日本体育大学に勤め体育教師とスポーツ指導者の育成とアスリートの教育に従事。

世界大会優勝選手6名と国内優勝選手91名、さらに体育・スポーツ指導者を200名近くを輩出することに貢献。

この頃の経験が
「クライアントの身体能力を活かし、そして引き出すか」というコーチングスキルのベースとなっている。

2006年、東京理科大学で体育・スポーツの教育研究に5年間従事。

2011年、ボランティアでトレーニングを教えていた友人や知人たちが、仕事と家庭を犠牲にすることなく、趣味のスポーツで大きな成果を出したことを機に。
これまで6000人以上を指導した経験と培った知識が一般の方々にも役立つことを確信し、彼らの多大なる支援を受けて独立。

現在では、個人のクライアントへのトレーニング指導に限らず、各種学校において授業を担当し、また様々な企業のイベントやコンテンツ制作、さらに商品開発のサポートも行っている。

運動やトレーニングはあくまでも手段であり、目的ではない。流行を追わずにクライアントに自分流のライフスタイルを確立して頂くのがモットー。

好きなことは美味しい食材探しと睡眠。最近ではホームベーカリーを買ってパン作りにハマっている。
仕事ではクライアントのトレーニング指導に励む一方で、家では子どもの運動指導、妻のダイエット指導に勤しんでいる。

藤原豊樹からのご挨拶

いつの時代でも、「人を育てるのは人」です。

どんなに便利なものが発明されても、魔法のようなトレーニングが開発されても、直接会って声や顔色を伺いながら会話をし、心身状態を把握しながら、その時、その人にあった運動・トレーニングを処方するのが大切なことに変わりはありません。

長年、学生や選手たちと寮や合宿所で寝食を共にした経験がありますが、何かあれば夜中だろうが休日だろうが、いつでも駆けつけるのが当たり前の環境でした。

さすがに今ではそのようなことはできませんが、自分一人で頑張るより、気軽に相談できる相手がいれば簡単に解決することが多いです。

体育を通して教育畑を経験したからこそ得られたノウハウで、クライアント自らが最適なトレーニングを選択できるようになるだけでなく、いつでも遠慮なく相談できる「かかりつけ医」のような存在でありたいと思っています。

法人・企業サポート実績

  • 株式会社キリンビール
  • 株式会社エルス
  • 株式会社エクシオジャパン
  • 学校法人(日本体育大学・明治大学・東京理科大学・東海大学)

個人指導実績

  • 5分も走れなかった50代女性が、10ヶ月でフルマラソンに完走
  • 横浜の女子ランニングサークルを1年指導し、メンバー全員ケガ全く無しでフルマラソンに完走させる
  • 自転車に乗るもの怖かった40代主婦が、3年でアマチュア大会で優勝
  • プールでも全く泳げなかった小学生が、3ヶ月で海で泳げるようになる
  • 腕立て10回が限界だった30代男性が、1年9ヶ月でペンチプレス100Kg超え
  • その他、日本体育大学にて指導者と選手の養成に従事
    (国内外で活躍する選手約100名、指導者200名以上の輩出に貢献)

免許・資格

  • 中学校教諭一種免許
  • 高等学校教諭一種免許
  • 中学校教諭専修免許
  • 高等学校教諭専修免許
  • 体育科学修士

お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら

PageTop