パーソナルトレーニング体験コース - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > パーソナルトレーニング体験コース

私、藤原豊樹の提供するパーソナルトレーニングがお役に立つか体験できます。

こんにちは、パーソナルトレーナーの藤原です。

トレーニングの個人指導を行う際に最も大切なことは、あなたとパーソナルトレーナーとの相性です。

信頼関係が築ければ、気持ち良くトレーニング指導を受けていただくことができますし、何よりも運動効果が上がります。

ですが、一度指導してもらったトレーナーに「合わないのでやめときます」とは言いにくいものですよね?

ですので、初めての当方パーソナルトレーニング指導を受ける方には体験コースをおすすめしています。

その場で実際に当方の指導を体験された上で、あなた自身の眼で当方の指導が合うか合わないかの判断をしてください。

その後、トレーニングを継続するかどうかを決めていただけばと思います。

  • あくまでもトレーニングです、遊び半分の参加はご遠慮ください。
  • 事故は全てご本人の責任となりますので、参加には重々なる注意と検討をお願いします。
  • 運動中は指導に100%従って頂きます。従えない方は参加不可とし料金の返金は致しません。
  • トレーニングを途中で中止することは恥ずかしいことではありません。「辛い」と思った場合は、すぐにお申し出ください。

繰り返しになりますが、この体験コースは初回限定で毎月5名しかお受けできません。

また既存会員の状況によっては、5名に満たない時点で募集を打ち切ることも多々あります。
予めご了承ください。

パーソナルトレーニング体験コース概要

体験コースの内容

出張・訪問による運動・トレーニングの個人指導1回(60分間)
出張費・交通費については無料(東京都世田谷区のみ)

体験コース参加費用

5,000円(税込)

体験コース参加費のお支払い方法

参加費は銀行振込だけでなく、安心のオンライン決済を利用したクレジットカードでのお支払いも可能です。
詳しくはお申し込みの際にお問い合わせください。

pay.png

体験コースを受けられる地域

体験コースを受けられる地域は、原則として東京都世田谷区内です。他の地域を希望の方は別途交通費を請求させて頂きます。

指導を受けたい場所は、自宅近く、会社近く、外出先でもどこでも結構です。
公共の体育館やトレーニングルーム、スポーツジム、ご自宅、職場等、公園、グランド、競技場など屋内外は問わず実施可能です。

ただし、有料施設を希望される場合は、トレーナーの利用料金もご負担頂きます。

体験コースでの対応可能な指導時間帯

6:00〜20:00までの間で対応しております。

お申し込み方法

下記の「体験コースお申し込みフォーム」からお申し込み下さい。

万が一、既存の会員の状況によっては、ご依頼の内容に十分に対応できないと判断した場合は、お申し込みをお断りさせて頂きます。予めご了承ください。

パーソナルトレーニング体験コースの初日の流れ

Step1.
ご希望の場所へお伺い致します(現地集合)。

↓

Step2.
お着替え・ウォーミングアップ(10分)

↓

Step3.
運動・トレーニング指導を始めます。(40分)

↓

Step4.
クールダウン(パーソナルストレッチ&セルフケアなどを10分程度)

↓

Step5.
アフターカウンセリング(電話やメール)。

体験コースについてよくある質問

体験を受ける場所や施設が、どこが良いのか分かりません。

場所や施設が分からなくても大丈夫です。
ご相談頂いた内容から適切ば場所や施設をご案内させて頂きます。

初心者なのですが、実際にどのくらい運動するのでしょうか?

お体の改善か?パフォーマンス向上か?など目的によって全く異なります。

全くの初心者の方であれば、当方がおすすめする運動を30分程度して頂く場合が多いです。また体験した内容に関する質問があれば後日、電話またはメールでお答えさせて頂いております。

詳しくは事前にお問い合わせください。

体験コースで準備しておくものはありますか?

運動できる服装などを準備して頂ければ結構です。カウンセリングの時はメモなどもお忘れなく。

サービスについて、もっと詳しく聞きたいのですが?

お問い合わせページのフォームからご質問ください。
お電話での対応も可能ですが、移動や指導中の場合は十分な対応ができません。


お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら

PageTop