テコの原理【principle of leverage】 - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > トレーニング用語集 > テコの原理【principle of leverage】

テコの原理【principle of leverage】

2011年08月29日

骨格筋は関節をまたいで腱を介して骨に付着し、テコの作用力を骨に伝えます。

この多くは第三種のテコでありまあす。脚の底屈は例外で第一種のテコです。
これは、脚の底屈動作で言えば、作用点(つま先)、支点(距骨)、そして力点(アキレス腱の付着する踵骨)の順番になります。

アキレス腱を介した下腿の筋が大きな力を出しても、つま先の底屈する力は著しく小さくなります。
しかし、末端の大きな動きを引き出すので、テコの原理を応用することは力で損するが、動きで得をします。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3635-1578まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら


PageTop