会社内の人選で悩んだら、ドッチボールやらせると良い。 - 王道パーソナルトレーナー藤原豊樹

お電話

HOME > 藤原トレーナー直伝コラム > 会社内の人選で悩んだら、ドッチボールやらせると良い。

会社内の人選で悩んだら、ドッチボールやらせると良い。

2020年07月11日

ドッチボールをすると、
全員が全員同じようにプレーすることは決してない。

味方のボールを奪ってでも当てたがる人。

何もしないでボーッと突っ立っている人。

ボールに触ることすら怖がって逃げまくる人。

などと、
色んな立ち回りが見られる。

もちろんネガティブな面も出ますしね。

色んな杓子定規で人を判断した方がいいと思いますから、
特性を知る上でドッチボールをやらせれば人選の資料になると思います。


また知恵を絞って、
メンバーにうまく指示を出す人もいる反面、
いやいややってて、
早く終わらせたいからやめようと言い出す人。

ゲームが長引くから、
ルールを変えようと切り替えの良い人?

集団の中の個人、
としての特徴も如実に現れると思います。

なので、
組織運営をする上で、
リーダー的な人を見つけ出す手がかりにもなるかもしれません。

ドッチボールって、
専門的にやってた人って少ない。

サッカーやテニスとか野球、
またバレーボールやバスケットボールなどの人気スポーツは、
必ずと言っていいほど経験者がいます。

みんなでやるとすれば、
経験者が圧倒的に有利になってしまいます。

すると、
運動能力以外の特徴が見えにくくなる。

でもドッチボールだと、
専門的な経験者がほとんどいません。

小中高の体育でやった人はたくさんいるので即実行しやすい。

新しいプロジェクトなど、
挑戦する上ではチーム全員の連携が勝利の鍵となるので、
会社や組織の運営で人選で悩んだらドッチボールをお勧めします。



お問い合わせ
体験レッスンについてはお電話で050-3749-1518まで

■メールマガジン登録■

欲しい体を手に入れてこそ仕事も遊びもうまくいく。
そのためにはライフスタイルに合わせたトレーニングが大切!
今日からできる王道のトレーニングをお伝え致します。

週刊・携帯でも読むことができます。

発行周期:週刊 >> バックナンバーはこちら


PageTop